他の抗うつ剤との違い|うつ病とうまく付き合っていくために。抗うつ剤「ジェイゾロフト」

他の抗うつ剤との違い

	 drug

抗うつ剤には様々なものが存在しますが、ほとんどの薬は脳内のセロトニンを増やす作用のあるものです。実際にうつ病患者に対しては脳内のセロトニンを増やすことが最も有効な手段でもありますので、どの抗うつ剤でも高い効果が期待できるといえます。
ただ、副作用の出方や、どの程度改善されるかについては個人差が大きいので、自分に合った抗うつ剤を見つけてみましょう。

ではどういった基準で抗うつ剤を選ぶかという話ですが、初めての方は、ジェイゾロフトから挑戦してみましょう。
ジェイゾロフトは他の抗うつ剤よりも効果が少し弱いので、ゆっくりとうつ病を治していきたいという方に向いています。効果が弱いということは副作用が出にくい手負いうことでもありますので、ジェイゾロフトなら無理なく治療を始めて、無理なく継続ができるかと思います。
抗うつ剤の副作用として多いのが吐き気や胃痛などの症状で、効果が強ければ強いほど副作用も強くあらわれます。ただ、身体的にいくら辛くても、精神的に辛いよりはマシだということで多くの方が苦しみながらうつ病の治療を行っています。
ジェイゾロフトは効果が緩やかな分、強い自殺観念がある方などには向きませんが、副作用が一週間程度で収まることも考えると、自分の力でうつ病と向き合っていく気力のある方には最適です。
とりあえずジェイゾロフトを使ってみて、もし効果が薄い場合はもう少し強いものに変えていくという方法で最適な薬を見つけましょう。