肉体的な作用|うつ病とうまく付き合っていくために。抗うつ剤「ジェイゾロフト」

肉体的な作用

curative

最初に覚えておいていただきたいのは、うつ病は心の病といわれますが、それは決して「甘え」や「弱さ」ではありません。うつ病は風邪などの病気と同じで、体に症状があらわれる病気なので、抗うつ剤を使ってしっかり治療を行う必要があります。
うつ病の原因に関してはストレスや遺伝などが考えられていますが、決定的なものが判明しているわけではありません。様々な要因が重なった末に発症すると考えられています。
ただ、原因はわからなくても、具体的にどのような症状があらわれるかということについては判明しており、うつ病患者の脳内ではセロトニンやノルアドレナリンといった感情を司る伝達物質が不足していることが確認されています。
特にセロトニンは「幸福ホルモン」と呼ばれるもので、ストレス度や幸福度に大きく影響を与えます。そのセロトニンが不足するということは、すなわち脳の作用として心が落ち込んでしまうようになるのです。

抗うつ剤であるジェイゾロフトは、脳内のセロトニンを増やす効果がありますので、医学的な根拠に基づいて落ち込んだ気持ちを引き上げてくれます。
うつ病の治療の際には心の休息をとりつつも、ストレスの原因と向き合っていく必要がありますが、心が落ち込んでいる状態では向き合う元気もありません。
原因を改善するためにも、前を向くことができるようになる抗うつ剤は絶対に必要だといえるのです。うつ病の性質上、抗うつ剤の効果についても懐疑的な方が多いのですが、脳内のセロトニンを増やすということはうつ病の対症療法として非常に有効な手段でもありますので、必ず使用しましょう。